ハワイ生まれの新感覚パドリングスポーツ!!Lets try River SUP


スタンドアップパドルボーディング(SUP)は大きなサーフボードの上に立ったまま長い櫂(パドル)を使って漕ぐ新しいスポーツ。ビーチボーイ・スタイルという、様々なウォータースポーツを楽しむハワイのWaterman達が編み出した遊びです。ここ数年で海から川や湖など様々なロケーションに広がり、2011年からアメリカやヨーロッパでは一大ブレイク中! 奥多摩アウトドアセンターでは多摩川を利用したリバーSUPの世界をご案内いたします。

>>リバーSUPツアーの詳細・お申し込みはコチラ<<

リバーSUPツアー体験レポート

サーフィン×カヤック=リバーSUP

これがリバーサップ。

大きなサーフィンの上に立ったままカヌーで使うパドルを使って水の上をス〜イスイって、

でも見た目よりバランス悪そうな予感。


まずは乗り方から

予感は的中し、ちょっと立つのも怖々。
落ちるのが怖くて、水の迫力に負けそうになりましたが、

インストラクターが一から丁寧に教えてくれてるので、

徐々に緊張もほぐれてきました。


パドリングスタート

コツをつかんでボードの上に立つことができたら、

いよいよパドリングスタートです。

ひとかきするだけで、意外なほど軽く進む。

 

上手くいった時の

ボードが水面を滑り走るときの感覚がたまりません!


湖をゆったりと周遊。

水の上に立ってる感じが気持ちいい。

まさに新感覚のパドリングスポーツですね。

慣れてくると、景色が鏡の様に湖面に写る様子。。。

段々周りの景色も見れる余裕が出て来ます。


周りの景色がゆったり流れていきます。

フィールドは多摩川をせき止めてできた白丸湖。

ゆるやかな流れもあるので、

パドリングをしなくてもゆるゆる前進!

木の葉のようにひらひら浮いてるだけで癒される〜


ボードの上で余裕のポーズ!!

半日コースでしたが、

自然と一体になれた感じがして本当に癒されました。

さほど力を使わないので、女性にもおすすめです。

ハワイ生まれのリバーSUP!要チェックですね。


世界的メーカーC-4の専属ライダー

インストラクターの高畑将之さん。
コワモテな外見とは相反するチャーミングなインストラクターです。
動物のヤクに似ているという事で

「ヤクさん」という愛称をもつ。

こちらの写真は、

多摩川御岳エリアでのリバーSUPの1コマ。
練習を重ねると、写真のような激流でもできるようになるそうです☆


>>リバーSUPツアーの詳細・お申し込みはコチラ<<
親子でカヤック体験教室/子どもは無料です! ランチ&BBQパーティーパック 開催スケジュール 奥多摩へのアクセス 今日の画像集

スタッフ募集中